HOME > RMFシステム > RMFシステム パーティクルカウンタCMS

 

Pick Up Products

RMFシステム

RMF

 かつてない0.5μmエレメント(β2≧2300)の濾過を可能にしたオフライン・オイル濾過システムと、最先端のオイル状態監視センサの世界ブランド。

 
      リン酸エステル油の管理       
EPT

 

EPT.jpg

EHCオイル専用に開発した酸化物除去フィルター、水分除去装置、微粒子除去装置

 

 
 

 

 

 
 

その他の潤滑管理製品はこちら

実践に役立つ 潤滑管理用語集 詳しくはこちら

お問合せはこちら

オイルセンサ

oilsensor_tit01.jpg

  
実質的なコンタミネーションコントロールには、リアルタイムでの清浄度監視(オイルコンディションモニタリング)が欠かせません。
皆様もご存じのとおり、オイル中のコンタミネーション(特に汚染粒子や水分)は常に変化の可能性がある危険な状態にあります。
従って、ボトルサンプルによる外部機関での分析では、オイル中に機械へダメージを与えるコンタミが存在した場合、コンタミの異常発生と現場での把握に時差が生じることとなります。
これでは有効な対応策がとれず、機械システムダウンなどの手遅れにつながります。
RMF Systemでは、パーテイクルカウンタ(CMS)、クオリティセンサ(QMS)をラインナップしております。
オフライン・オイルフィルタと同時にこれらのセンサを活用することにより、コンタミネーションコントロールはより実質なものとなるでしょう。
  
  
  

パーティクルカウンタCMS

title_cms.jpg

  

CMSは機械システム中のオイルの状態をリアルタイムで計測しディスプレイに表示

    

RMF システムの高精度濾過に加え、オイルタンクの汚染度、水分(湿度)、温度がリアルタイムに監視することができます。

また、通信機能(RS485)を標準搭載しており、オイルの清浄度を遠隔監視することも可能です。

  
  

計測表示内容

  1. 1.汚染粒子 大きさと数の分布
  2. 2.各等級ISO/NAS/AS4059
  3. 3.水分(RH)
  4. 4.温度
  5. 5.流量(ml/min)
cms_img1.jpg
  
  

コンタミ監視機能の仕様

   cms_hyou1.jpg

   
  

リンク

RMFシステムとは

RMFシステムの特徴

アプリケーション 

 

 
  
      このページの先頭に戻る