HOME > 潤滑管理カテゴリー > 分析装置・その他

 

Pick Up Products

RMFシステム

RMF

 かつてない0.5μmエレメント(β2≧2300)の濾過を可能にしたオフライン・オイル濾過システムと、最先端のオイル状態監視センサの世界ブランド。

 
      リン酸エステル油の管理       
EPT

 

EPT.jpg

EHCオイル専用に開発した酸化物除去フィルター、水分除去装置、微粒子除去装置

 

 
 

 

 

 
 

その他の潤滑管理製品はこちら

実践に役立つ 潤滑管理用語集 詳しくはこちら

お問合せはこちら

分析装置・その他

分析装置・その他
新油の受け入れから、貯蔵・配送を経て、機械設備に供用されたオイルには、システムが要求する健康的な性状をできるだけ長期間保つ、という使命があります。オイル分析は、オイルと機器の健康状態を追跡する手段です。汚染、劣化、摩耗の状況は、オイル分析によって検出され、防止が可能となります。これにより、オイルや機器の寿命は延長され、生産性や収益性が改善されることになります。また近年、現場のメンテナンス戦略の一端として、「時間基準のオイル交換」は、「状態監視基準のオイル交換」へ移行しています。オイル分析は、振動解析と並ぶ機械設備の重要な状態監視ツールとして認識されるようになってきました。
オイル分析の第一歩は、正しいオイルサンプルを採取することです。正しいサンプリングポイントと一貫した正しいサンプリング手順で採取したサンプルを、どのような試験項目で分析するかが極めて重要です。サンプルを分析ラボに送付して、分析結果を入手したら、データシートに示された数値から「何が機械に起こっているか」を判断する必要があります。異常が認められたら、直ちに対策を打たなければなりません。また、分析ラボにサンプルを送る前のスクリーニングとして、ブロッタースポット試験やクラックルテストなど、多くの簡易試験が考案されています。コストや時間的効率を考慮して、最適なオイル分析プログラムを設計する必要があります。
 
 

関連ソリューション

オイルのサンプリング

     
     
 

オイルの状態監視

     
     
  
 

現場のオイル分析

     
     
 

分析ラボと分析装置

     
     
 

オイル分析報告書

     
     
   
  
  
   
このページの先頭に戻る