HOME > 潤滑管理カテゴリー > グリース周辺機器

 

Pick Up Products

RMFシステム

RMF

 かつてない0.5μmエレメント(β2≧2300)の濾過を可能にしたオフライン・オイル濾過システムと、最先端のオイル状態監視センサの世界ブランド。

 
      リン酸エステル油の管理       
EPT

 

EPT.jpg

EHCオイル専用に開発した酸化物除去フィルター、水分除去装置、微粒子除去装置

 

 
 

 

 

 
 

その他の潤滑管理製品はこちら

実践に役立つ 潤滑管理用語集 詳しくはこちら

お問合せはこちら

グリース周辺機器

グリース周辺機器
グリースは、潤滑油(基油)にセッケンなどの増ちょう剤を分散させ、半固体あるいは固体化させた潤滑剤で、最大10%程度の添加剤を含んでいます。増ちょう剤にはそれぞれ特性があり、グリースの用途によって適用される種類が異なります。また、グリースには適合性(Consistency)があり、セッケンの種類が異なるグリースは適合しません。適合性のないグリースが混合してしまうと、過熱や、潤滑性不良の要因となる恐れがあります。再給脂や、混合して使用するような場合は、適合性のないグリースを予め認識しておくなどの注意が必要です。
オイル分析の第一歩は、正しいオイルサンプルを採取することです。正しいサンプリングポイントと一貫した正しいサンプリング手順で採取したサンプルを、どのような試験項目で分析するかが極めて重要です。サンプルを分析ラボに送付して、分析結果を入手したら、データシートに示された数値から「何が機械に起こっているか」を判断する必要があります。異常が認められたら、直ちに対策を打たなければなりません。また、分析ラボにサンプルを送る前のスクリーニングとして、ブロッタースポット試験やクラックルテストなど、多くの簡易試験が考案されています。コストや時間的効率を考慮して、最適なオイル分析プログラムを設計する必要があります。
 
 

関連ソリューション

手動給脂

     
     
 

自動給脂(シングルポイント)

     
     
 

自動給脂(マルチポイント)

     
     
 

グリース再給脂手順

     
     
 

識別とカラータグ

     
     
 
このページの先頭に戻る