HOME > 潤滑管理カテゴリー > オイルの貯蔵

 

Pick Up Products

RMFシステム

RMF

 かつてない0.5μmエレメント(β2≧2300)の濾過を可能にしたオフライン・オイル濾過システムと、最先端のオイル状態監視センサの世界ブランド。

 
      リン酸エステル油の管理       
EPT

 

EPT.jpg

EHCオイル専用に開発した酸化物除去フィルター、水分除去装置、微粒子除去装置

 

 
 

 

 

 
 

その他の潤滑管理製品はこちら

実践に役立つ 潤滑管理用語集 詳しくはこちら

お問合せはこちら

オイルの貯蔵

オイルの貯蔵
受け入れ検査で、適切な清浄度であると判断されたオイルは、一旦現場の貯蔵エリアに格納され、機器設備に配送されていきます。貯蔵する環境では、汚染物質のリスクや、貯蔵温度、湿度の影響が及ばないような設定が必要です。潤滑管理の分野において、「オイルはクリーン、クール&ドライに保つこと」という原則があります。貯蔵から、機械設備への配送に至るまで、これは必須のルールとなっています。また、新油の受け入れ時に清浄だったオイルも、時間の経過と共に劣化します。先入れ・先出し(FIFO:First In, First Out)を順守し、限界を越えたオイルを貯蔵しない配慮が必要です。
どのような貯蔵容器や、配送容器を選ぶかの判断も重要です。汚染された容器は、新油の清浄度を損ねるばかりでなく、汚染を現場中に蔓延させる根源となってしまいます。用途に合わないオイルの補給は、汚染物質を混入させるのと同じです。効率的かつ安全な貯蔵と配送のケーススタディが、世界各国の製造現場から報告されています。
 
 

関連ソリューション

新油の受け入れ検査

     
     
 

貯蔵容器

     
     
 

配送用機器

     
     
 

貯蔵環境と経年劣化

     
     
 

貯蔵環境の管理

     
     
 
このページの先頭に戻る